Setsuko MaroHina

Create Your Badge
Monthly Archive


麻呂/Maro(父)
9 Jul 1998 Australia生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


雛/Hina(母)
16 Jan 2000 England生まれ
10.5Kg (24Lbs) 


臣/Omi(長男)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


琴/Koto(長女)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


海/ Kai(3男)
31 Mar2002  USA生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


麻呂のお里
Emlohruo Kennel
Coffs Harbour, AUS





MaroHina Links


+ Photoback 写真集

+ お役立ち記事


Category


S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  Oct 2022  >>

+Profile+
*
    処理時間 0.38944秒


雛、生還
Hina, You were an amazingly strong mum !


2003年、雛の誕生日ページより転記

雛は去年2歳で母になった。 あのじゃりんこだった雛が母として本当に良く頑張った。
そして今年3歳。

今だからここに記載するが、運が悪ければ、今ここに雛はいなかったかもしれない状況があったのである。
出産後20日目にEclampsia(産褥熱)で明け方4時にEmergency病院に急いで連れて行ったのだ。
何か変?と思いふと目を覚ますと、雛があえいでいた。
呼吸が異常に速く、体が熱い。まだ4月中旬過ぎでどちらかと言えば寒い時期なのに、である。

電話を掛けまくって、Emergencyの病院への道順を聞き、生きた心地がしない思いで車を飛ばした。
車の後部座席でおとんに抱いててもらったのだが、これ以上呼吸が早く出来ないくらいになり、止まりかける事3回。
”雛! 頑張るんやで!!!”と怒鳴りながら運転していった。

病院に到着するなり、迅速な処置が取られた。
まず体を冷水で濡らし、点滴。 カルシウム注射、その他。
さっきまでの危機感はどこへやら、けろっとして診察室から出てきた。 思わず抱きしめて泣いてる私の顔を元気一杯にぺろぺろ舐めてくれた雛であった。
”うち、もう大丈夫やで”、と言ってるように思った。




  
| Setsuko | 23:33 | comments (0) | trackback (0) | K9 Health 健康関連 |
コメント

Post a comment








この記事のトラックバックURL
http://www.marohina.fromc.com/blognplus/tb.php?7
トラックバック

New Entries
Entry List


Recent Comment



現在の訪問者国



2006年3月からの合計



Links
Trackback


Search