Setsuko MaroHina

Create Your Badge
Monthly Archive


麻呂/Maro(父)
9 Jul 1998 Australia生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


雛/Hina(母)
16 Jan 2000 England生まれ
10.5Kg (24Lbs) 


臣/Omi(長男)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


琴/Koto(長女)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


海/ Kai(3男)
31 Mar2002  USA生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


麻呂のお里
Emlohruo Kennel
Coffs Harbour, AUS





MaroHina Links


+ Photoback 写真集

+ お役立ち記事


Category


S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  Aug 2019  >>

+Profile+
*
    処理時間 0.373986秒


雛の祭壇
6月25日の夜中に雛が一人旅に出てから早や、4日経ちました。
雛はAshになってまだ帰ってきませんが、雛の祭壇を作りました。


さすがに生肉のご飯はお供え出来ないのでフードで申し訳ないけど、フードとお水、旅に出るその日の朝まで使っていたスヌード、チビ雛、最後まで着けていた首輪、雛の毛などをお供えしました。

右端の立派なフラワーバスケットはNY駐在中に良く一緒に遊んだジェニ家から早々に届いたものです。 
6月上旬にジェニパパさん来NYの際、最後に雛に会って頂けて本当に良かったです。

バスケットには心温まるメッセージも付けられていました。

We are very sad to hear that Hina-chan passed away all of a sudden.
Please accept our sincere condolences.
Jeni Papa & Mama


本当にありがとうございました。 雛も喜んでいます。


毎朝、近所の林に運動散歩に出かける時はチビ雛と雛の首輪も一緒に。
ヒンヤリした朝の空気と緑を雛にも楽しんでもらいたいから・・・


時々こうして、誰かがじ~っと雛の祭壇を眺めている姿が...。 これを見るとつい泣けて来ます。


亡くなったばかりの雛の体を包んで連れて帰ってきた時のタオル、捨てられないでまだ置いてあります。
それに皆が寄ってくる... 雛かあさんの匂いを偲んでいるんでしょうか... こんな皆の反応も泣けてきます。



5月9日Vetに連れて行って初めて心臓肥大で気道を圧迫しているとVetに告げられた時のX-ray写真。
Heart murmur(心雑音)は去年のカラードップラーチェックでも、この時にもまったくなかったのでMVDではなく
他が原因で心臓肥大が起きたと言われました。

気道がボトルネックの様に細くなってる部分を見て、これじゃ、ちょっと動けばはぁはぁするはずだと納得せざるを得ませんでした。
気温が低かった3月あたり、元気に雪遊びしていたし、そんなに特別激しい呼吸もしていなかったのにとDr.に言うと
少しづつ肥大するが、ある一定以上心臓に負荷がかかり始めると急激に肥大する事もあると説明されました。



心臓が苦しい時期が短くて不幸中の幸いだったんだよ。 心臓の悪い犬は悪いまま何度も肺水腫起こしたり、呼吸困難になったりしながら数ヶ月、数年生き続ける子も多いから、HINAはその点、つつつつ~~~と普通に来て、突然ボン!と言う感じだったから辛い時期が短くて本当に良かったね。


そのDr. ファミローの言葉で少し気が楽になりました。 ありがとう。
元気一杯、食欲旺盛な4頭が居てくれるので、頑張れます。
落ち込んでばかりでは、”麻呂とうちの子らの面倒ちゃんと見てくれな困るや~ん”と姐さんに怒られそうです。

雛の体は居なくなってしまったけど、雛のsoulは私と4頭の周りにいつも一緒(^^




  
| Setsuko | 18:55 | comments (10) | trackback (0) | Diary 日記 |
コメント
せつこ様
大変ご無沙汰しております。キャバリアノートでご一緒させて頂いていたぷ~です。
雛ちゃんの事、心よりお悔やみ申し上げます。

長いとは言えない犬生ではありますが、雛ちゃんは、とっても幸せだったのではないでしょうか?
とっても安らかな顔でまるで今にも起きだしそうでした。

近い将来我が家にも訪れるであろう別れですが、家子の共々今を大事にしたいと思っています。

せつこさんもおとん様の事などで大変でしょうが、お体に気をつけてお過ごしください。
| ぷ~ | EMAIL | URL | 30/Jun/2009 06:17 | Nidx99dY |

みんなが雛かあさんの事を分かっていて、気丈に振舞っているのように見えるのが辛いですね。
ワンズは人間より生や死を素直に受け入れると思うけど
人間は勝手に その行動に思い入れをしてしまう。
きっと皆はSetsukoさんよりずっと前に雛かあさんとの別れが分かっていたと思う。

私の最初の仔がなくなる2~3日前、実家のラッキーが怯えて樹理に近寄りませんでした。
きっとその時、樹理の死を分かっていたのだと思う。

Setsukoさんが家に帰るまでの間、きっと家族でみんなで雛かあさんにお別れをしっかりしていたのでしょうね。。。。。

朱理に雛かあさんの分も長生きしてもらいます☆

雛ちゃん、大好きだよ・・・・・・・
| syurimama | EMAIL | URL | 30/Jun/2009 07:31 | FZUZx.hk |

ご無沙汰しているのに、こんな時しかお話ができなくてすみません。
時々ブログは読ませていただいているのですが、読み逃げばかりで…本当にごめんなさい。

雛ちゃん、Mamさんのことをちゃんと待っていたんですね…えらいです、すごいです。

Mamさんのお体に気をつけてくださいね。

(実はさっき、携帯からコメントさせていただいたのですが…ちゃんとできなかったみたいで…もし重複していましたら削除してください。)
| Gen's mama | EMAIL | URL | 01/Jul/2009 08:14 | zQC/H0wg |

雛ちゃんが虹の橋を渡っていたとは・・・
苦しみが少なかったのが何よりです。
ご冥福をお祈りいたします。

ご主人のこともあり、これからもまだ大変かもしれませんがどうかご自分のお体も大事になさって下さいね。
| みさ | EMAIL | URL | 02/Jul/2009 09:49 | /SyhE7IQ |

Setsuko さん
突然の悲報に驚いています。
ご無沙汰しており、すみません。

雛ちゃん、旅立つ前に、Setsukoさんにいっぱいいっぱいありがとうを言いたかったんですよね。
きっと、いろんなことを思い出しながら、帰りを待っていたんだと思いますよ。

お帰りまで、ファミリーに囲まれながら、いかにこれまで幸せだったか、たくさん伝えていたと思います。
そして、これからのことを麻呂君にお願いしながら、
こどもたちにも、楽しい犬生を送るように伝授ごとあったんだと思うわ。
家族会議の時間も大切だったのでは!

本当に、旅立ちの準備ができて、Setsukoさんを呼んだのでしょう。なんて立派な雛母さん。泣けてきます。

苦しみ短くあっという間に天国へ、見送るのはさびしいけれど、それは幸せなことですよね。

大自然の中で、夫、こどもたちと駆け回ったり、泳いだり、いろんなところへ連れて行ってもらい
美味しいものを食べて、みんなにかわいがられて、こんなに幸せな犬生を送れた雛ちゃん、
精一杯生き抜いたよね~。 
どうかやすらかに!
そして、お空からみんなのことを見守っていてね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
| tommama | EMAIL | URL | 02/Jul/2009 16:32 | c.cWQMFE |

>ぷーさん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

雛、あまりにあっけなく、一人旅に出てしまいました。
苦しい期間が短かったのがせめて、不幸中の幸いでしょうか...と雛の為に思う様にしています。
それでも、最後私が仕事から帰ってくるまでどんなに苦しかったか、頑張って、頑張って待っててくれたかを考えると毎回涙してしまいます。

雛の体はなくなっても、Soulは雛の残してくれたKidsと麻呂のまわりにいつも一緒なのが感じられます。
マロヒナ家の中で一番小さく、10Kgしかなかった雛ですが、存在感は今もとても大きいです。
| ★ぷーさん | EMAIL | URL | 07/Jul/2009 08:05 | o9XOYXDA |

>朱理ママさん
やっぱりそうなのかな...皆は雛かあさんとの別れを予測していたんでしょうか...私ら人間だけがわからない?
...う~ん、何か寂しいものがありますねぇ...あまりに突然に一人旅に出てしまったとしか私には思えないので。
でも、おとんの事と仕事で毎日きりきり舞いしてる私に対する思いやりで一つでも心配事、大変な事を減らしてあげようという雛かあさんの思いやりだったのかも、と思える事もあります。

樹理ちゃんが旅に出る直前、ラッキーは何かを感じてたんですねぇ... 犬達ってほんと偉大ですね。
樹理ちゃんのSoulはいつも朱理ママさんと一緒でしょう? 
雛のSoulもあちこちに感じられます。
家族の中で一番小さく10Kgしかなかった雛だけど、さすが母、今でも存在感は一番です(^^V
毎朝、林の散歩も一緒。 緑を満喫してくれてると思います。
| ★朱理ママさん | EMAIL | URL | 07/Jul/2009 08:10 | o9XOYXDA |

>元ママさん
いつも色々お忙しいでしょうに雛に暖かいお悔やみの言葉をありがとうございます。
心臓を長く患ってる犬達も沢山居ますが、雛はそういう意味では苦しい期間がほんとに短くて、幸いだった気がします。 
最後、私を待っててくれた雛、どんなに苦しかったか、どの位の時間苦しんだのか気になって仕方ないですが、考えない様に努力してます。 何度も思い出しては涙しますが、雛の体はなくなってもSoulはいつも麻呂雛家のみんなと一緒。
1日が、雛の祭壇に向かって、おはよう、からお休みで終わってます。 朝の散歩も一緒です。

麻呂や雛の残してくれたKidsがいるので、悲しんでいては雛かあちゃんに怒られそうですから、頑張ってます。

元ちゃんはいかがですか?
あの当時の仲間の犬達も皆年とって色々出てくる時期ですが、その年齢なりに元気に居て欲しいですよね。
| ★元ママさん | EMAIL | URL | 07/Jul/2009 08:15 | o9XOYXDA |

>みささん

そうなんです...あまりにあっけなく雛かあさんは一人旅に出てしまいました。 心臓が悪くても数ヶ月、数年生きる子もいるのに雛はあっと言う間でした。
でも、つい4月ごろまで普通に元気だったので苦しんだ時期がほんとに短くて雛の為には良かったと思う様にしています。
最後ほんとうに苦しかっただろうに、私の帰宅を待っててくれて生きてる雛に会えたのがありがたいです。

偉大な雛かあさんの残してくれた子供たちがいるし、麻呂もいてくれるので悲しんでばかりいられません。
雛の体はなくなったけど、臣、琴、海たちから雛のSoulを感じられるのがありがたいです。 みんなで頑張らないとね。
お悔やみの言葉ありがとうございます。
| ★みささん | EMAIL | URL | 07/Jul/2009 08:18 | o9XOYXDA |

>Tomママさん
こちらこそご無沙汰ですいません。
家族会議! さすがTomママさん、いい事言うわ~。
ほんとそう思います。 人間の私にはわからない間に何度か雛かあさんと麻呂、子供たちの間で家族会議があったに違いありませんね。
気丈でしっかりモノの雛かあさんですからそのへんは抜かりはなかったでしょう(笑)

Tomママさんのコメント読ませていただいて本当に元気がでました。 Be positiveの気持ちで毎日頑張ってます。時々涙する事もあるけど、雛の残してくれた臣、琴、海が一緒に居てくれるし、麻呂も勿論!

毎朝雛の祭壇に向かっておはよう!から始まり、おやすみで終わってます。 毎朝の林の散歩も雛のカラーとチビ雛、一緒です。 雛のSoulをいつも感じてます。
49日まではTom君とまだ会えないかな..
でも会った時はどうぞよろしく、色々雛に教えてあげてね、とTom君に伝えてくださいね。 一緒に大好きな水遊びするかな(^^
| ★Tomママさん | EMAIL | URL | 07/Jul/2009 08:25 | o9XOYXDA |


Post a comment








この記事のトラックバックURL
http://www.marohina.fromc.com/blognplus/tb.php?599
トラックバック

New Entries
Entry List


Recent Comment
    NY VIP滞在記 3
  • custom >17.Sep
  • 20 >05.Mar
    NY VIP滞在記 2
  • acheter >04.May
  • now >01.Feb
    又もや…(^◇^;)
  • viagra >24.Apr
    New Years Day 2014
  • before >11.Apr
    音慣れさせるCD
  • cialis >21.Feb



現在の訪問者国



2006年3月からの合計



Links
Trackback


Search