Setsuko MaroHina

Create Your Badge
Monthly Archive


麻呂/Maro(父)
9 Jul 1998 Australia生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


雛/Hina(母)
16 Jan 2000 England生まれ
10.5Kg (24Lbs) 


臣/Omi(長男)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


琴/Koto(長女)
31 Mar2002  USA生まれ
12.5Kg (27.5Lbs)  


海/ Kai(3男)
31 Mar2002  USA生まれ
13.5Kg (30Lbs)  


麻呂のお里
Emlohruo Kennel
Coffs Harbour, AUS





MaroHina Links


+ Photoback 写真集

+ お役立ち記事


Category


S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  May 2018  >>

+Profile+
*
    処理時間 0.387225秒


雛 シェルターに
雛行方不明事件は昨日のお昼前に起きた。
お昼前にバイトに出かけた私は夜7時ごろ帰って来るまでまったく何も知らないでいた。

仕事から帰ってきたら休みだったおとんが ”おい!雛がおらんぞ!”
”えっ!?う、嘘〜〜! いつから?”
”昼過ぎに気付いた。 麻呂と臣、海の散歩に行って帰ってきたらどこ探してもいないんだ”

...( ̄O ̄;)がぁぁぁ〜〜〜〜ん! 
私がお昼前に家を出た時、確かに雛がいないなと思ったが、てっきりおとんが
麻呂達と一緒に散歩に連れて行ったものだとばかり思っていた。
ところが、麻呂達を連れて庭から出た時に、ほんの少し隙間があった柵からすり抜けたらしい。 麻呂達を追いかけて出て行ったとしか考えられない。時間的にも一致する。

昼間からすでにおとんは近所を何度も探していたので私はさっそく、Computerにむかい
ポスター作り。 20枚プリントアウトした所で、インク切れ。お店ももうやってない時間だったのでジェニ家にヘルプを求め、作ったポスターの画像をEmail添付し、パパさんに
そちらでプリントアウトしてもらいさらに20枚。
近所にポスターを貼りながら、出会った人達にも尋ねて回るが情報なし。

と、同時にジェニママさんのヘルプで一緒に町内の警察、2つあるシェルターにポスターを
持って行った。

アニマルディテクティブという迷子犬の情報サイトに登録。
こんなページが作成された。

...眠れない夜が過ぎた...


朝、携帯電話にシェルターから電話があり、雛が居るとの事!!!
狂犬病予防注射と不妊手術していればその証明書も持参で引き取りに来て下さいと言う
言葉とともに家を飛び出し、迎えに。

居た!!! 元気そのもので尻尾をぷりぷり振りながらこちらに向かってきたが事務処理が
あるので雛は近くのケージで待機。


うちのすぐ近くの道を歩いている所を保護されたらしい。 放浪していたのはラッキーにも
わずか1時間位だったようだ。 保護してくれた人にお礼を言いたいので、とお願いしたら
シェルターのルールにより個人情報は明かせないとの事。どんなにお礼をしても足りない位n気持ちなのにどこの誰かわからないなんてとても残念でならない。

放浪していた時間が短かったのと、シェルターですぐに水やフードをもらったせいで(フードは食べなかったらしいが)元気一杯ものすごいテンションの高さだった。
家につれて帰り、さぞ精神的には疲れてるだろうと思い、雛以外の皆だけ連れて散歩に行こうとしたら、何と雛が一番に庭に飛び出し、出かける気、満々。(苦笑)

いつもの近所のフィールドに連れて行ったのだが 怖ろしいまでにパワフル。
皆うれしそうだったが特に臣がずっと一緒にこうして走って居た。


爆走の後家に帰ってオヤツタイム。
さすがに疲れたのか雛はすぐ寝てしまった。...が、この通り。
絶対このアキレスは離すもんかとばかりに咥えたまま寝てしまった雛。大物だ...(-_-;)


迷子犬のお知らせやポスターを時々見かけるが実感がなかったというのが正直な気持ち。
まさかうちの子に...と誰でも思っているだろう。私もそうだった。
でも現実に起ってしまった今となっては、迷子札も勿論の事、マイクロチップの大切さも同時に実感させられた。 実際、この雛のケースでも今朝になって飼い主に連絡が取れないようだったらマイクロチップをスキャンする手立てになっていたそうだ。 幸いにも私が夕べ、名前と電話番号入りのポスターをそのシェルターに置いてきたので先にうちに連絡が来たわけだが...。

今回の事がきっかけでシェルターでとてもよいお話が聞けたので
お世話になったシェルターの様子、少しアップしました。


最後に...
多大なるヘルプをして下さったジェニママさん、パパさん、そして雛を見つけて保護して
下さった方、一泊のお世話して下さったシェルターの皆さん、本当にありがとうございました。 皆さんの協力があってこそ、雛は無事に帰れたのです。
  
| Setsuko | 21:08 | comments (21) | trackback (0) | General ab. dogs 犬全般 |
コメント
あ、、、、あ、、、、良かった!
今日はhttp://sky.ap.teacup.com/loveland/ここで迷子の話を読んで
あららと思ってたのよ。
まさか雛ちゃんまでもが迷子だったなんて。
しかし、交通事故にあわなくてよかったね。
| ふみさん | EMAIL | URL | 18/May/2005 21:50 | Rhyjudrk |

いやぁ〜〜〜〜( ̄∇ ̄;) よかったよ!! 無事に見つかってホントよかった!
せ〜はん&おとんはん、不安だったっしょ。いい人に見つけてもらって良かったよ。ジェニ家の皆さんもお疲れさまでした〜m(__)m

でも・・・明日はわが身だわ。まさか、「自分のとこに限って!」ってのは誰もが思う事。普段から注意せんとだめだね。
ましてや…日本の場合、動物管理センターに連れて行かれたら、1週間ほどが過ぎると大変な事になるっしょ(^_^;)

USと日本のワンに対する考え方の違いを痛感しましたわ。
とても良い環境で過ごせてるんだね。

それにしても…雛母さん。。。迷子ポスターになるとは・・・(苦笑)
無事に戻って来れたから、良かったよ〜〜〜ホント!
| けみこ | EMAIL | URL | 18/May/2005 22:01 | ceJdKw7E |

雛母ちゃん、大冒険の巻だったね〜。(笑)
と無事に見つかったから言えるけど、さ。
ホント、何事もなくてよかった。
おとんさまも肝を冷やしただろうから、あまり責めないようにね。(^^ゞ

臣ぼんは母ちゃん子なんだなぁ。(^m^)
| torimaru | EMAIL | URL | 18/May/2005 22:20 | 0DImzcbc |

とにかく、無事にご帰還できて良かったぁ!§^&^§
シェルター内での雛ちゃんはどんな気持ちで待ってたんだろうね。1時間くらいで保護されたのは本当にラッキーだったね。もし長時間だと考えると・・・・。(怖)おとんさんはシェルターまで気が回らなかったのね。すごい慌ててた様子が伺えるよ。
しかし、その日にもう遊びに行くなんてあんさんらしいな!!親の心子知らずの顔で雛ちゃんも思いっきり遊んできたんだね。ええことじゃ。
ふぅうっぅぅ!しかし、知り合いのワンだと人事とは思えないよ。(^_^;)せ〜はんもお疲れ様。
| か〜 | EMAIL | URL | 18/May/2005 23:06 | /LNsSQfM |

ビックリしたよぉ。雛ちゃん、無事にお家に帰ってこれて良かった〜!!
おかん様、気が気じゃなかったでしょ〜。
そーいう時に、近くに力になってくれるお友達がいてくれるのは心強いね。
事故にもあっていないようだし、本当に良かった。
そちらのシェルターって、日本に比べると環境が良いよね〜!
期限が無いっていうのは、本当に羨ましいわぁ。
ふふふ、臣ぼんたら。お母ちゃん子なんだね〜(´m`)くす
| たかぷー | EMAIL | URL | 19/May/2005 00:20 | N.d2qbBw |

(∴`┏ω┓´)/コラァー!! 雛母ちゃん、ダメじゃないかぁ、1人でフラフラ出て行っちゃぁ。
親切な人が助けてくれたから良かったものの、事件・事故に巻き込まれたら、それこそ雛ちゃんの母ちゃん父ちゃんが、どんだけ悲しい思いするか。
無事に見つかって、ほんていがったぁ。☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

お摂っちゃん、眠れぬ夜を一晩過ごすのは、辛かっただろうに。。。(1時間でも、生きた心地がしないっていうもんだったもん。)
雛ちゃんのアキレスくわえたままの、めんこぉ〜い寝顔がなんとも言えないねぇ。
今晩は、ゆっくり眠って頂戴ませ。
| す | EMAIL | URL | 19/May/2005 00:53 | gVsoX.2E |

■ふみさん
そうなんです、こんな事が実際昨日〜今日起ってしまってて大変だったんです。 すぐに見つかって、放浪してたのもわずか1時間位だったから疲労もなかったし元気一杯だったから今こんな風に書けるけど、夕べは一睡も出来ず死にそうでした...。
事故... 保護されたのはうちの脇〜ふみさんのお友達の家までのあたり、Middle Neck Roadだったんですよ。今思えばほんと恐いです。雛が道路に出てなかったのが幸いでした。交通量はそんなに多くなくてもあそこは結構飛ばしてる車が通るので一つ間違えば轢かれてたかも、ですよね。

■おけみはん --------------------------------------------------

今だからこうして落ち着いて書けるけど、いやぁ〜夕べはもう死にそうでしたわ。 ジェニママさんが一緒に居てくれてどんどんすべき事をこなせたのでほんと感謝してもしきれない気持ちだよ〜。 シェルターに行ってチラシ残したのが大正解だったけど、もし私一人だったらそこまで行動をどんどん出来たかどうか...。

おけみはんも気を付けてね。 フィールドなんかに放牧に行った時は呼び戻しが効けばOKだけど、一軒家の場合はちょっとした隙間で知らない間に出ちゃう可能性があるからね〜。
もう一度、庭とか見て隙間ないかチェックしてね。ほんとに...。

シェルターとても良さそうなとこっしょ?
何年でも居られるってのがすごいなぁって実感したよ。あのトレーナーと一緒に居た犬もあそこがついぞの住みかって思ってるほどなついてたし。(*^^)
新しい家にもらわれて行って一からまた新しい環境になれなきゃいけないストレス考えたらあそこに居ても十分幸せかも〜って思えるほどだったよ。

迷子ポスターさっき、はがして回ったよ〜。3回に分けてみんなを散歩させながら。 いや〜あの気持ちは何とも言えないものがあったわ(●^o^●)
でもほんと、雛かあちゃん、近所ですっかり有名になってしまいましたわ〜。

■とりまるはん ------------------------------------------------

今だからこうして落ち着いて書けるけど、夕べはほんと死にそうだったわ。
どこでどうしてるのか、怪我でもしてうずくまって誰にも発見されてないんじゃぁとか 家出てから水も飲めないでいるのかとか...。
でも実は家を出て1時間後にはすでにシェルターですっかりくつろいでたなんてねぇ...(苦笑)ほんとに色んな条件が重なってラッキーだった事に感謝しないと一つでも条件が違ってたら今頃って思うよ〜。
極寒のマイナス2桁気温や真夏でなくてほんとそれも良かったと思う。

しかし後で聞いたらシェルター内でイビキかいて寝てたのが聞こえたらしい。
はぁ〜〜〜┐('〜`;)┌  っとしか言い様がないわ.。。。

■か〜はん ---------------------------------------------------

シェルターでの雛ねぇ...。何を感じてたんだか(^_^;)
何でうちこないなとこにおらなあかんねん、とか思ってたかも。
後で再度シェルターにちょっと用があって行った時にね、ケージ担当の人が
”イビキかいてずっと寝てましたよ”って言ってた。( ̄O ̄;)はぁ〜道理で今日はめちゃ元気だった訳だ...。水は飲んだけどフードは食べなかったのも精神的ショックでなくて、ただ ドッグフードが嫌だっただけかも、って今になったらそう思える...。

警察だのシェルターだのてきぱき動けたのはジェニママさんのおかげなんだよ。 ああゆう時、当の本人は何から手つけていいかわからなくてあれもこれも〜ってなっちゃうけど、心強いヘルプの人が居てくれると冷静にこれして、それからあれして、って段取りがすごく良くて、本当にめちゃくちゃ助かったんよ。

その日に遊びに行くなんてって...だって他の連中もいるし、トイレさせなきゃってのもあるから仕方ないよ〜。 もしも雛が帰って来てなかったとしても麻呂、臣連れてトイレ散歩させながら捜索に出てたと思う。
ここらへんが多頭飼いのしんどいとこだよ。他の子たちの世話もどうしても必要になるからさ......
| ■レス | EMAIL | URL | 19/May/2005 00:56 | q6rr.PJE |

■たかぷーさん ------------------------------------------------

ほんと夕べは一睡も出来なかったよ...。 うとうと来てもすぐはっと目が覚めて表見に行ったりとか...。
ほんとにね、近所にてきぱき動ける心強いヘルプの人がいてくれるってありがたいよ〜。もうぅ〜〜実感! 今度誰かに何かあったら自分が絶対ヘルプにならなきゃって思うもん。

雛の場合は、私がシェルターに残したチラシが役立ったから良かったけどあれがなかったら、マイクロチップで調べることになってたもんでさ、やっぱしマイクロチップは心強い味方だなって思ったよ。 雛の首輪には迷子札はついてたんだけどね、古い電話番号だったの、前に作ったやつだったもんでさ。
で、その札にマイクロチップ番号を書いてあったのがよかったみたい。
念のためスキャンしてから〜って段取りになってたらしいわ。
パニチンも入れておいて良かったね、ほんと。

シェルター私も今日実は初めて見たんだけどいやぁ〜あまりの環境の良さにびっくりしたよ。 周りの緑もだけどアジ道具ありの、トレーニングや運動の時間ありの、滞在期間に期限がないってのも感激したわ。

臣ね、結構COOLなんだけど 情に厚い面もあるんだよ〜。子犬達に一番親切なおにいちゃんってとこもあるしね。

■す〜はん ---------------------------------------------------

よっぽど散歩に行きたかったんだね、麻呂と一緒に。(^_^;)
今だから色々冗談も書けるし、ついでにってシェルターの取材?までしてきちゃったけど夕べは死にそうだたよ。ほんとに。

雛のお迎えの後にもう一度そのシェルターに行ったんだけどね、その時犬舎担当の人に偶然会って、”HINAはイビキかいて寝てましたよ、ずっと”って言われた時にはひっくり返りそうになったわ。┐('〜`;)┌ 
やっぱし、出産して母になると図太いのか...麻呂だったら一睡もしないでよれよれになってたかも。(笑)
道理で、雛、疲れてるから今朝の散歩はなしね、って思ったのに一番に飛び出して行って行った先でも上の画像の通りだったわけだわ。
睡眠十分、遊びたくて仕方なかったんだろうねぇ...。

とにかく今、ここに雛が大イビキかいて寝てるのがほんとありがたいよ。
いつもはうるさくてうっとおしいって文句言ってるおとんも、イビキのありがたさがわかったよってさ。(笑)
| ■レス2 | EMAIL | URL | 19/May/2005 01:06 | q6rr.PJE |

ブログ読んでビックリしてしまいました。
雛ちゃん無事に帰ってきて本当に良かったですね!
Setsukoさん大変だったでしょ。。
シェルターは期限無しで居られるなんては素晴らしいですね!
やっぱり日本とは違いますねぇ
雛ちゃんおやつをくわえたまま寝ちゃうなんで
家に帰ってきて安心したんでしょうね(笑)
ホントに無事で良かったですね〜!
| hiromi | EMAIL | URL | 19/May/2005 04:19 | gb3cv0u2 |

もう!!雛ちゃん(@−@)
朝一で、シェルターを見てblogはタンブラーのことだったので
今見に来たら・・・ビックリ!!!

あぁ〜でも良かったぁ無事で(^^:)
一人でお散歩に行く時はやっぱり5ワンは無理ですよね、
我が家も4ワン、3ワンで2回行きますもん
すり抜けたんですね(−−:)
家は陸海空が野放しだと、不安なんで(笑)リードをつけて
ドアノブに引っ掛けてます(^0^)

摂子さんもおとんさんもお疲れでしょう?
でも雛ちゃんの遊んでる姿 家族で居るのが一番って感じでした
よかったぁ〜 よかったばい
マイクロチップ入れようかな?
| bioramama | EMAIL | URL | 19/May/2005 07:03 | KDl.0.6c |

いやぁ、びっくりしたぁ(>_<)
結末はメールで知っていたから安心して読めたけどぉ・・・
雛ちゃんがぁって信じられない。。。
私も自分の子はありえないって思ってたけど・・・
考えを改めないと。
朱理藍理は迷子札さえしてない^^;
もちろん、マイクロチップも・・・
反省。

Setsukoさん、お疲れさまでした。
でも良かった、良かったぁ・・・
| syurimama | EMAIL | URL | 19/May/2005 07:19 | FZUZx.hk |

■Hiromiさん --------------------------------------------------

今だからこうして色々書けるけど、あの時は居なくなった実感がなく、しばらくして焦り始めてその後色々考えて死にそうになりましたよ。
結果的には1時間の放浪の後、12時間中11時間弱はシェルターでのんびり(?)してた事になりますが、それがわかった時の安堵といえば口では言い表せない位でした。

シェルター、近所にあるのに今まで行った事はなく、あんなに良い環境で
設備も良いし小奇麗にしてあるし、スタッフも良さそうな人達ばかりだとは知らなくてびっくりしましたよ。 期限なしでずっと居られるって言うのがありがたいですよね。
雛、大物ですよ、やっぱし。 帰って来てからもまったく普段どおりです。(笑) 以前2回オペ等でお泊りした事もあるからあまり精神的ショックがないのかもしれません。

■ビオラママさん ----------------------------------------------

庭は完全に囲われているので安心しきってましたが、ゲート(と言えるほどのもんではないんですが)がキチンと締まってなかったようでそこからすリ抜けて ”うちも行く〜! 第二弾まで待てないわ!”てな感じだったんでしょうね。追いかけたはいいけど逆向きに走って行ってしまったんでしょう。
ここらが完全な住宅地でよかったです。

ほんと多頭飼いは気を付けて、点呼確認したり 残り組はどこにいるか把握しておかないと5頭や7頭いたら忙しい時は1頭居なくてもしばらく気付かない事もありえますもんね。 恐いです...。
外に走らせに行っている時の方が安心です。呼び戻し効きますから。
家から勝手に知らない間に出ちゃわれるともうどうしようもない...。(^_^;)
でも臣は生後5ヶ月の時にすり抜けを3回して、探し回って家に戻ってくると
家の前にちゃ〜んと居たんですよね。30分〜1時間の冒険をして家に帰ってこれるなんてわずか5ヶ月ですごい帰巣本能だとびっくりしたものです。
...ってこんな事自慢にもなりませんが。 ゲートやフェンスに隙間があるなどと、飼い主の管理不行き届き以外の何物でもないです。反省です。

マイクロチップは最終的にとてもヘルプになると思いますよ。
迷子札つけてようが、首輪付けてようがあんなものはどんな拍子に取れてしまうかわからないですもん。(^_^;) 日本もこれからマイクロチップが普及していくでしょうし、入れておいて損はないと思いますが〜。


■朱理ママさん -----------------------------------------------

うちもね、普段は首輪家に居る時はあまりしてなかったんですよ〜前は。
最近はただ、取り外しが面倒くさいという理由だけでずっと付けっぱなしにしてただけなんですけど、それが功を奏しましたわ、今回は。

そう!まさか自分とこの子らには...こう思うのが普通の飼い主だと思うんだよね。 私もそうだったし、 ところが...!!!
マンションだとこのようなことはありえないんだけど、一軒家も良し悪しです。
普通の状況なら 完全に囲われてる庭なので大丈夫なんですが、誰かが出た後のゲートが隙間開いてて、一緒に散歩行きたくて着いて行ってしまったということは今後もありえるので気をつけないといけないなと反省ですわ。

60cm位の高さの柵も臣や麻呂は実際飛び越えたこともありましたし、
(普通何もなければ飛び越えようとは絶対しないんですが) いつ何時何をしたくてどう行動するか、人間の子供と一緒で予測外の事もあるので本当に気をつけないと...です。(-_-;)

ほんとに今ここに雛が居ることに大感謝ですよ。
| レス3 | EMAIL | URL | 19/May/2005 09:02 | q6rr.PJE |

なんだよービックリしちゃったじゃん。そしてホッとしたら涙が出てきた。
もーもーもー、本当に無事で良かったよ〜!
雛ちん、無断外泊するんじゃないよー。
せーはん、一晩つらかっただろうけど、すぐに手を打ってよかったね。
なが〜い1日お疲れ様ね。 あ〜良かったぁ〜〜(´▽`) ホッ
| ちゃんぷー | EMAIL | URL | 19/May/2005 09:05 | 36MvG7ZE |

無事に保護されて良かった〜。
雛さん、強運ですね。そして、肝っ玉のすわった方でいらっしゃいますね。
それにしても、そちらは迷いワンコへの対応がすばやくできるようにきちんと制度が整っているのですね。
シャルターやチップのお話を聞くと、こちらはまだまだだな〜と思うし、
ナナさんが万が一にも迷いワンコにならないよう、心せねばと思います。

アキレス加えたままの寝顔、爆笑させていただきました〜。
| monnana | EMAIL | URL | 19/May/2005 09:47 | V1cXWWh2 |

大変だったね(__;)
でも、早く見つかって良かった〜
ところで、雛ちん 保護されなかったら 自分で家に帰っていたかなぁ〜臣ボンみたいに(..;)""""> ポリポリ
それにしても、大イビキだったなんて 流石雛ちん

シェルター 羨ましいわ
日本とは(__;)
| CANDY MUM | EMAIL | URL | 19/May/2005 12:39 | Nkjd//YY |

ひーなーちゃーん!!
もー、危ないよ。
いくら麻呂君が好きだからって追いかけて行くなんて〜
可愛い顔してるんだから(たまに怖かったり面白かったりするけど)誘拐されるかも知れないじゃん!
迫力あっても車にはひかれたりするんだからー。
ギリギリセーフだよ。もー。
どうせ逃げるならココまでいらっしゃい。
って言うか、単独行動絶対禁止!!
見つかったから良かったけど…もー。もー。
| AKUBI | EMAIL | URL | 19/May/2005 18:35 | sxAS7sNc |

あわわわ、驚いた〜。
シェルターって摂子はん家、核シェルターでもあるんかいな?って思って訪れたら、保護施設だったのだねぇ。
無事に保護されてて良かった〜、雛かーさん。
摂子はんが眠れずに心配したの解るよぉ。
それにしても、そちらの保護施設は日本みたいに期限つきじゃないのだねぇ。
環境も良いし施設に保護さへしてもらえてれれば、安心だ〜。
こっちなら、保護されてても安心出来ないもんね。
| emi | EMAIL | URL | 19/May/2005 22:41 | RdAzX8F2 |

ひゃ〜〜〜\(◎o◎)/
そうだったんだぁ〜〜
ちょっとバタバタしてたら、そんなことがあったんだね。
でも、すぐに見つかって良かったね!
私もいなくなったら...って考えただけで(T^T)
| おきゃん。 | EMAIL | URL | 20/May/2005 07:33 | GujQj2jU |

いや〜驚いた!まさか麻呂雛家がシェルターのお世話になるとは思いもよらず〜〜でも事故に遭わなくてよかったね。
もう読んでいて心臓バクバクだったよ。だって人ごとじゃないもの〜
以前翼と美月が猫追いかけて消えたことあったし・・・
雛かあさん、精神的にずぶとくて安心したわ。
もう〜〜心配させないでね〜良かったよかった(^_^)v
| kazu姉 | EMAIL | URL | 20/May/2005 09:43 | BiaGhkzc |

■ち〜はん 

びっくりさせてごめんよ〜。
今だから落ち着いて色々書けるけど、いや〜あの時はもうどうしよう( ̄O ̄;)右往左往焦りまくり...。
結果的にたった1時間の放浪(セルフ散歩?)ですぐにシェルターに連れて行かれて大イビキで寝てたってゆうんだから、さすが雛おっかぁ、としか言いようがないけどねぇ...(苦笑)
一つでも何かの条件がずれてれば、車に轢かれてトンでもない事になってたかもしれないし、それが一番恐かったわ。
ほんま長い夜だったよ...(涙)  心配かけてごめんよ〜。

■Monnanaさん ------------------------------------------------

Monnanaさんのこの書き方...
>雛さん、強運ですね。そして、肝っ玉のすわった方でいらっしゃいますね。

好きですわ〜(*^^) なんか温かみがすご〜く感じられる文章ですね。
いらっしゃるなんてそんなたいそうなもんではないですけども、雛かあちゃんはうちでは体は一番ちっこいけど、偉大なる母として君臨してると思います。
ほんと肝っ玉据わってるというか図太いというか...(^_^;)
そのおかげでほんと色々助かってますわ。 知らない親切な人にいとも簡単に尻尾を振って着いて行ったんでしょう。そしてシェルターでの一泊、大イビキで寝て、迎えに行った日はめちゃくちゃ元気(^_^;) そりゃ一日寝てりゃ元気ですよねぇ... 寝れるとこがすごいかも。

帰って来てから今日に至るまでまったく精神的なトラウマやショックはないみたいで、食い意地の張り方も麻呂や子供らに唸る気迫もまったく変わらずです。 出産経験のある母はやはり偉大なのかなぁって感心してしまいました。

■Candyおかんさん ---------------------------------------------

ん〜どうかなぁ、雛、帰巣本能とかあるんだろうか(^_^;)???
もしかしたら自分で家に帰れる範囲を歩いてて保護されたのかもしれないし、危ないトコだったのかもしれない、それは知る由もないけど、とにかく車の事故に合う前に親切な人に連れて行ってもらえて、すごい強運の持ち主だなって思ったよ〜。 田舎の住宅地でどこに行っても誰かのバックヤードって状態のとこでもやっぱし一番恐いのは車だからね...。

臣の事良く覚えてたね〜(笑)
あれは3回ほどあったからね、5〜6ヶ月の時に。
でも生後5,6ヶ月の子犬が敷地から出て何件分も走り回ってちゃんと帰ってこれるってのは今思えばすごい事だったのかも知れないね〜。

シェルターの犬舎内に響き渡るイビキってのもすごいもんがあるよね( ̄O ̄;) 皆ちょっとびっくりしたらしいわ。(笑)
設備ばあの通りでなかなか良いよね。期限なしってのがまたうれしいよね。

■AKUBIさん --------------------------------------------------

ほんとにね〜 雛おっかあったら...(-_-;) やってくれたよ...
車の事故の可能性考えるのがとにかく一番恐かったよ。 こんな田舎の
完全なる住宅地でも飛ばしてくる車はいるからさ。そっちと比較したら交通量なんて比較にもならないけどそれでも運が悪かったら轢かれちゃうもんね。

ほんとぎりぎりセーフ、その通りだと思う。
すべての条件において、雛は運が良かったんだとほんと思うよ。
強運の持ち主だなって。 
シェルターの犬舎内に響き渡る雛の大イビキ...想像しただけで
あまりの図太さに笑えるけど、精神の強さ、物事に動じない性格?
に大感謝だわ。 帰って来てからもガツガツ食べて、今朝も林でたっぷり遊んで今、またイビキかいて寝てるよ。(〃`ー´)
| ■レス4 | EMAIL | URL | 20/May/2005 11:51 | q6rr.PJE |

■Emiはん

Emiはん、さすがだわ。核シェルターって発想したの多分Emiはんだけだよぉ〜(〃`ー´)ぷぷぷ!
ほんとにねぇ...今だから色々平気で書けるけど、あの時はもう、どうしよぉ〜〜〜(涙) と実感がないのとで大混乱。 ほんと何かしなきゃって焦って必死でポスター作りしたりしてる半面、心のどこかで実感がないんよ。
嘘やろ〜??これって夢で、起きたら、はぁ〜悪い夢やったわ、ってそうなるんじゃないかとか思っててね。 でも現実だったけど。(-_-;)

シェルターね、色々州や地域によって違うと思うんだよね。
でも良く聞くのが期限はあまりないって...きっと期限があって殺処分されるような州もあるかもしれないけど。なんせアメリカってUnited Statesていうくらいなんで、ほんと州に寄って何もかも違う部分があるんだわ。
まぁ、でも日本の保健所よりましなのは確かだろうね。

だから万が一、雛があそこにいるのに私が気付かず、1週間してから迎えに行っても、大げさに言えば3ヶ月して行っても元気にあそこに居るって事だよね。 訓練やトレーニング施設もあるし、ケージに入れられぱなしにならないからあそこに長くいる犬達も幸せだよね。

何はともあれ、肝っ玉の据わった雛でよかったわ。
まったく精神的ショックなどないみたい。(笑) いつもどおりの食い意地だし元気に走り回ってるし。

■おきゃんはん ------------------------------------------------

そうなんだよぉ〜。そんな事が起きてたの。
今だから平気で色々書けるけど、あの時はもう〜〜言葉では言い表せないいろんな感情が一気に...。 実感がなかったってのもその一つかな。
まさか!?って言う気持ちね。

一番恐かったのは車の事故にあって、瀕死状態で誰も気付かないとこで苦しんでたらどうしよう・・・それだったよ。  必死でポスター貼りしてた頃にはとっくの昔にシェルターの中で大イビキかいて寝てたと後で犬舎担当の人に効いた時にはひっくり返りそうになったけどね(笑)

ああゆうとこでもイビキかいて寝れる性格がほんとうれしいわ。
帰って来てからも何事もなかったかのようにいつも通りの食い意地だし(^_^;)


■Kazu姉さん --------------------------------------------------

Emailもらいながら返事も書けなかったのはそういう事件があったからなのよ〜。ごめんね。
結果的にたった1時間ほどの放浪(本犬にとっては冒険?ただのちょっとセルフ散歩のつもり?)で後はずっとシェルターの犬舎で大イビキかいて寝てたってんだから、後で聞いた時はひっくり返りそうになったけどね。┐('〜`;)┌  精神的になんのショックもないばかりか、わかってないんじゃないか〜?この子って思う程あまりにも普段どおりで。(笑)
迎えに行った時に狂った様に喜んで飛びついてきたけどその後は、ぜんぜん(^_^;) 寝たいとこで寝て、遊びたいとこで遊んで、べたべたしてきたりぜんぜんしませんわ〜。(笑)
ほんとね、図太い性格って助かるよ〜。(実感!)

Kazu姉さんちも一軒家で5頭いるから、常に目を配ってるつもりでも
やっぱしふとしたスポットが出来ると気が回らないうちに...って事もありうるから、常に点呼しないと恐いかもだよね。
一頭だったらいないのに即気づいただろうけど、多頭だと誰と誰をおとんが散歩に連れて行ったのかすら気にもとめてなかったし...。
| ■レス5 | EMAIL | URL | 20/May/2005 12:06 | q6rr.PJE |


Post a comment








この記事のトラックバックURL
http://www.marohina.fromc.com/blognplus/tb.php?125
トラックバック

New Entries
Entry List


Recent Comment
    NY VIP滞在記 2
  • acheter >04.May
  • now >01.Feb
  • de >07.Jan
    又もや…(^◇^;)
  • viagra >24.Apr
    New Years Day 2014
  • before >11.Apr
    NY VIP滞在記 3
  • 20 >05.Mar
  • net >23.Jan
    音慣れさせるCD
  • cialis >21.Feb



現在の訪問者国



2006年3月からの合計



Links
Trackback


Search